JPWiMAXの評判は?デメリットを知らずに契約できますか?

最近注目度の高いJPWiMAX。

GMOとくとくBBよりも安く最安値のプロバイダですが、いろいろデメリットがあるので注意が必要です。

※2019年7月現在がGMOとくとくBBの方が安くJPWiMAXは最安値ではないのでご注意ください。

そんな最安値のJPWiMAXの評判についてもツイッターから抜粋して紹介していますのでご覧ください。

JPWiMAXの評判をツイッターから抜粋しまとめた

こちらは実際にJPWiMAXに申し込みした方の評判をツイッターから抜粋して項目別に分けたものです。

それでは早速JPWiMAXの評判を見ていきましょう。

 

料金に関する評判

WiMAXのプロバイダは毎月特典が異なるので前月の特典の方がお得だった場合は機会損失が大きいですね。

そのため今からJPWiMAXに申し込もうと思っている方は在庫があるのか注意しましょう。

 

2019年6月現在では最安値になるJPWiMAXですがあまり評判が良くないです。

2019年7月現在では最安値プロバイダではなくなりましたのでご注意ください。

詳しくは以下を読み勧めていただければと思います。

 

要確認案件ですね。必ずカードの明細はチェックして確認しましょう。

 

発送に関する評判

発送に関する評判の悪さが非常に多いJPWiMAX。

長い方だと最長2ヶ月以上端末の発送を待っている方もいました。

即日発送とホームページには記載されていたのですが、現状最長で2ヶ月待ちの状態になっています。

他プロバイダならすぐに発送してくれますので今すぐWiMAXが必要な方にはおすすめできないのが現状。

在庫確保ができ落ち着けば、みなさまから選ばれるWiMAXプロバイダにはなると思うのですが現状で最長2ヶ月待てる方だけ申し込むべきです。

 

サポートに関する評判

1つ1つの対応によって評判は良くなるものなので今後の改善に期待したいですね…

 

サポートの対応の悪さだけでなく会社全体の評判まで悪くなってしまいますよね…

 

お客様から問い合わせをしない限り連絡がないのはちょっとよろしくないですね。

しかも一ヶ月半も待たせているのに連絡がないと普通なら不安になりますよね。

 

勝手に切られるのは対応としては最悪ですね。

料金が安いだけに対応が悪くなってしまう…

 

このように他社と比較されてしまいどんどん悪い印象が進んでしまいますね。

 

解約手続きに関する評判

上記のツイッターの書き込みはみなさん注意してください。

JPWiMAXでは解約証明書も違約金の請求書もありません。

請求しても発行していない、クエrじっとカードの請求書が証明書ということです。

違約金負担をしてくれる他プロバイダに問い合わせして確認するべき内容ですね。

こちらでも確認次第、記載したいと思います。

 

その他、速度に関する評判などはありませんでした。まだまだ利用者が少ないためだと思います。

 

JPWiMAXのメリットよりも大切な4つのデメリット

メリットを記載しているサイトが多いですが、実際大切なのはデメリットなんですよね。

契約前に知っておかないと契約後に「失敗した…」と後悔することになるのでぜひチェックしてください。

デメリット①端末の指定ができない(W06とW05)

2019年6月21日の最新情報になります。(追記情報)

※2019年7月現在の最新情報ではW06とW05を指定することが可能になっています(追記情報)

申込みに進めば誰でも確認することができるのですが、最新機種のW06とW05を指定することができません。

そのため最新機種のW06に申込みたいけど、実際はW05が発送されてしまうという融通がきかない仕様に変更になっています。

<注意点>

  • 機種指定、カラー指定不可
  • お申し込み後の機種変更はできない。
  • 実際に発送される機種の詳細については、直前に決定するため、ご希望をいただいてもお受付致しかねます。

結局はW06なのかW05なのか?指定できないという話になります。

プロバイダ内最安値でもこれじゃちょっとお客様に優しくないですよね…

 

デメリット②端末の発送が遅すぎ

 JPWiMAXの発送に関する評判でも紹介していますが、端末の発送が遅すぎることがJPWiMAXのデメリットになります。

即日発送と公式サイトに記載されていますが、現状即日発送はできていません。

最新機種のW06は現在目安として、2週間以上在庫の確保にお時間を頂く可能性がございます

このように公式サイトに記載されてはいますが、まだまだ在庫が確保できていない状態になりますので、今すぐ利用したい方にはおすすめできません。

特に最新機種のW06はかなり遅いのでご注意ください。

2019年7月の最新情報では公式サイトに記載されている上記文面は削除されていました。

代わりにこちらの文面が掲載されていました。

※W06お申込みのお客様へ:人気機種のため、入荷次第の配送となりお届けまでお時間を頂く場合がございます。予めご了承くださいませ

まだまだしっかり在庫が確保できている状態ではなさそうですので早めに端末が欲しい方は保険をかけて他のプロバイダに申し込むべきだと言えます。

 

デメリット③サポートの対応が悪い

2019年6月現在最安値で利用できるWiMAXプロバイダにはなるのですが、サポートの対応が悪いです。

そのためサポートの対応も重視したい方にはおすすめできないプロバイダです。

料金だけで決めたい。最安値のプロバイダが良いという方にはピッタリなプロバイダです。

ですがデメリット①でも紹介したように発送の遅れがありますので在庫がしっかり確保できるまで待つか。他のプロバイダと契約した方が無難だと言えます。

 

デメリット④解約金・違約金が高い

JPWiMAXは他のプロバイダと比べて解約金が高いデメリットがあります。

最安値でWiMAXを利用できる反面、解約金が高く設定されています。

以下JPWiMAXの解約金になります。

 

1年未満:30,000円

1〜3年の場合:25,000円

更新月:0円

それ以降の場合:9,500円

 

 

料金は最安値ですが、バランスを取るために解約金が高く設定されているのだと思います。

ですので契約するか悩んでいる方は絶対に3年利用できるのか?しっかり考えるべきです。

 

また3年間も使うと新しい端末が販売されますがJPWiMAXでは機種変更などのサービスはありませんのでご注意ください。

 

JPWiMAXの2つのメリット

メリット①最安値でWiMAXを利用できる

※2019年7月現在では最安値プロバイダではありません。GMOとくとくBBの方が3年実質総額が安くなっています。

2019年6月ではロバイダ内最安値のJPWiMAX。

お得にWiMAXを契約したいと思っている方にはおすすめのプロバイダです。

JPWiMAXが参入するまではGMOとくとくBBがプロバイダ内最安値だったのですが

現状はJPWiMAXが最安値になります。ですがデメリットで紹介した端末の発送の遅れがありますので

2ヶ月待てる方だけJPWiMAXに申し込むべきです。

 

メリット②オプション登録不要

いろいろなプロバイダではキャッシュバックや月額料金割引などの特典を適応させるためにオプションの加入が必須になるプロバイダも多いと思います。

初月に解約すれば大きな痛手にならないのですが、解約忘れによって数年に渡ってオプション料を支払う羽目になってしまう方もいます。

ですがJPWiMAXではオプションの登録が不要ですのでこのようなリスクがなく、お安くWiMAXを利用することができるメリットがあります。

それに伴い初期費用の削減にも繋がります。

 

終わりに

JPWiMAXの評判をツイッターから抜粋してご紹介しました。

現状最安値だけあり、ツイートの数も多く、多くの方が申し込んでいるのが現状。

ですが発送の遅れなど知らずに申し込まれている方も多く、キャンセルされている方も多いのが実情。

発送に関する評判とサポートに関する評判が悪く、在庫の確保がしっかりできてから契約するべきプロバイダになります。

6月の段階でもまだまだ在庫不足の状況ですのでもうすこし待てる方は待った方が無難だと言えます。

7月現在でも確実に在庫が確保できている状態とはいえなさそうです。

8月まで様子を見るべきだと言えます。

 

またギガ放題プランしかJPWiMAXにはありませんので、通常の月7GBの制限があるプランを利用したい方にはJPWiMAXを利用することができませんのでご注意ください。

 

\プロバイダ内最安値!発送が遅いので7月以降まで様子を見るべき/

【2019年7月最新】WiMAX3年実質総額比較|最安値はこれ

読まなきゃ最大3万円損するかも!?

2019年7月最新のWiMAXのギガ放題3年実質総額を比較しました。

1番お得にWiMAXを契約したいと考えている方これだけは見てください!

特設ページはコチラ

SNSでもご購読できます。